車の査定 事故歴 修復歴

事故歴や修復歴は正直に言うべき?

車の査定,事故歴,修復歴

 

 

車査定のときに事故歴や修理歴は伏せておくべきか、正直に話すべきか、と悩む人は多いです。
これは中古車の買取価格に影響するだろうと皆さん考えてのことでしょう。

 

結論から言ってしまえば、事故歴や修理歴は隠さずに申告したほうが後々にトラブルを避けられます。

 

伏せておいたが為に買取査定金額が減額されたり、事故歴や修理歴を申告しなかった場合の条項に引っかかる面倒などが発生することがあるからです。
修復歴の場合、もしディーラーで修復を行ったらその履歴がデータとして、車体番号などを含み記録されます。
事故歴の場合、それに対して保険を使用すればその履歴もまた残ります。

 

車査定の時にそれらを知りながら黙っていることは、買取契約後の事後減額要求を中古車買取業者から受ける理由を作ってしまうことになるのです。
修理歴などが残らなかったとしても、プロの査定士から見ればすぐに分かってしまうものらしいです。
査定の前に事故歴や修理歴を伝えておけば、査定士からの印象も好印象を与えることにもなるでしょう。
特にフレームは車全体に歪みが出る可能性もあります。
それほどの事故歴や修理歴があるならば、後のユーザーのためにも申告することが大事です。

 

 

>>中古車査定のポイント!査定士の口車に乗せられないための交渉術を暴露!