中古車査定 ポイント

車売却と税金について

中古車査定,ポイント

新車を購入するときにはいろいろと税金を支払い、また、車を維持していくにも税金はかかってきます。
しかし、車を売却する場合、税金が一部戻ってきます。
それは、毎年支払っている「自動車税」です。この自動車税は譲渡にまつわる費用の一部として戻ってくるのであり、国からの還付ではありません。
自動車税は、4月1日現在の所有者に課される税金で、4〜3月までの1年間の税金を前払いで納付します。
ですから、車を売った時には、売った月の翌月から3月までの自動車税が月割り計算して還付されます。
しかし、660cc以下の軽自動車の場合は、自動車税ではなく軽自動車税がかかります。軽自動車税は月割でなく年額での税額となりますので、車を売った場合でも還付されません。
車を買取業者に売却する場合、自動車税を買取価格の中に含んだ総額で提示されることもあります。
基本的には業者側から説明があると思いますが、いかにも買取価格を上げたように見せる業者もいますので、もし不審に思った場合にはきちんと買取価格の内訳を確認したほうがよいでしょう。
また、自動車の新規登録時と車検時には、自動車重量税を車両の重量に応じて支払います。
自動車重量税は、車検が1ヶ月以上残っている場合、廃車(登録抹消)をすると残り期間に応じて還付が行われます。
しかし、自動車売却の場合は自動車重量税は還付されません。